東洋スクリーン工業株式会社様

納品ノベルティ:金箔カレンダー
当サイトで初めての納品事例・お客様の声を掲載するにあたり、HAQUの正式サービスリリース以前からなんと12年間のお付き合いをさせて頂いている、東洋スクリーン工業株式会社の廣濱社長様にお話を伺いました。

年末の挨拶回りでは元々壁掛け型のカレンダーをノベルティとして使われていた中、壁掛け型と併用してカード型の金箔カレンダーを作ってみようと思われたキッカケやに金箔カレンダーに込められた想いについて伺ってみました。

当社の金箔カレンダーを選んで頂いた理由・キッカケについて

HAQU:「いつもお世話になっております。12年間継続発注を頂けていることには大変感謝しております!改めてお伺いしますが、最初に金箔カレンダーを作ってみようと思われたキッカケについてお聞かせ願えますか?」

廣濱社長:「元々のキッカケについては先代(現会長)が2007年に展示会(※1)で金箔商品を目にしたことですかね。当社では毎年の行動指針を『今年の一字』に表して慈光院(大和郡山市)南山和尚に漢字を書いてもらい社内に飾っておりました。先代の勘というか思いつきもあったかと思うのですが、『今年の一字』をカード型金箔カレンダーにしてノベルティとして配るのも面白いんじゃないか、ということになったみたいです。」

HAQU:「あの時の展示会での出会いがなければ、今こうしてお取引させて頂く機会もなかったかもしれませんね。改めてありがとうございます!」

実際にノベルティとして配られてみていかがでしたか?

廣濱社長:「最初は100枚とかその程度の発注からスタートしたと思うのですが、あっという間になくなった記憶がありますね(笑)」

HAQU:「実際に配られた際の相手の反応はいかがでしたか?」

廣濱社長:「縁起の良い金箔カレンダーは毎年取引先にとても喜ばれています。普通は金箔カレンダーなんてそうそう手にする機会がないですから、もの珍しそうに手に取りながら喜んで下さいますね。」

HAQU:「確かになかなか金箔カレンダーを配っている会社さんはいないですからね(笑)」

廣濱社長:「初年度好評だったので2年目以降も定番になりましたね。コストはそれなりにかかりますが『今年の一字』とセットで楽しみにして下さるお客様が多いので、、、毎年継続しています。」

HAQU:「恐れ入ります(笑)」

ここ数年は毎年700枚発注頂いており感謝が尽きません。

自社のオリジナルカレンダーにこめた想いをお聞かせください

廣濱社長:「当社は一般にはなかなか馴染みの薄い『ウェッジワイヤースクリーン』という特殊な金属フィルターのメーカーです。その独自性という意味では金箔カレンダーのような独自性があり、喜んでもらえるノベルティは当社の目指す方向性と合致していると感じています。」

HAQU:「そう言って頂けると本当に嬉しいですね。」

廣濱社長:「当社の『今年の一字』とともに金箔カレンダーを毎年楽しみにして下さるお客様がおりますので、従業員一同これからもお客様と喜びを分かち合い、社会に貢献できる会社であり続けたいと想っております。」

HAQU:「廣濱社長様、ありがとうございました。我々も微力ではございますが、東洋スクリーン工業様の今後益々のご発展を応援させていただきます。」

◆企業データ
東洋スクリーン工業株式会社

創業は1954年。奈良県生駒郡斑鳩町に本社を置く同社はウェッジワイヤースクリーンという特殊な金属フィルターのメーカーであり、環境装置を自社開発・製造・販売している機械メーカーでもあります。
一般消費者向けの製品ではないので馴染みはないかもしれませんが、使用用途は非常に幅広く、各産業界で分離・分級のエキスパートとして社会に貢献されています。